先取り算数 鬼か蛇か

2023年中学受験、サピックスより算数先取り学習で逃げ切るぞ(の奮闘記)

図形の苦手。。「教える」だけでは駄目かもしれない

プラスワン問題集の図形編、Ⅱ-4,Ⅱ-5は平面図形の比の項目で、大きく躓いております。元々1月頃にやらせてみたときにも全問不正解で課題視していて、4月から1ヶ月くらいかけてステップアップ演習と図形の必勝手筋を駆使して段階的に教え、定石的な図形の捉え方をみっちり仕込んできました。そして、ある程度解法の手筋を仕込んだ上でⅡ-4の問題を再度やらせてみたのですが・・結果は6問中正解1問という信じられない結果。。。これまで仕込んできた内容から考えて、少なくとも4問は軽く解けると確信してやらせてみたのに、この結果は信じ難い・・・

嘆いてばかりはいられず、いくつか考え改めます。まず、息子にとって図形は、他の文章題等に比べて劣っている事実を直視する。あと、息子に対して「わかったふりして本当はわかっていないんじゃないか?」と常に疑うこと。そして何よりこれがショックではあるのですが、僕の教え方も反省しなくてはならなそうだ、という事実です。僕自身、中学高校時代の経験から図形には絶対の自信を持っていて、常に一番効率的な答えを導けると自負しています。それに関しては今でもそう思っているのですが、でも、だからといって、そのまま僕の感覚でコツを教えても駄目だという事実を突きつけられた気がします。現状は、息子が問題で悩み始めたら、頃合いを見てヒントを出したり、問題の捉え方を教えたりしています。でも、もっと時間をかけて自分の視点で考えさせること、答えを読んで何が不足していたかを自分で考えること、今までやってきた問題との共通点や相違点を見出すこと、など、じっくり取り組ませないと身につかない気がしてきました。

僕の息子だし、算数は得意っぽいこともあって僕の思考回路を伝える感覚で教えていたけど、この感覚はちょっと波乱含みな催しです。そもそも「算数は得意っぽい」というのも確信では無く、先取りしていれば誰でも偏差値でリードできるので、それだけのことなのかもしれない。。当たり前かもだけど「息子と僕とは違う」という前提で改めて考えてみると、文章題はかなり優秀であること(時々僕も驚きます。凡ミスの多さにも驚くが・・)、平面図形が劣っているというより僕が秀でている(ハハハ・・でもたぶん本当よ)ということが、なんとなく見えてきました。

幸いにも図形以外の進捗はかなりいい感じなので、その分、図形は時間をかけ、教えるよりも息子が自分で考えること、息子のペースで学習するやり方を模索していきたい。そのために僕ができるのは、適切な順番で問題を与えていくことなのではないかと考えています。

プラスワン問題集の仕上げに向けて

3月テストで54まで落ちた偏差値を、なんとか4月度マンスリーテストでは62まで戻して、まずは一安心。やはり基礎力トレーニングや計算練習は日頃からやるべし。その上での先取り学習と。。

で、先取りの方のプラスワン問題集も図形以外の分類 Ⅰ ・ Ⅲ を一巡終えました。(4ページくらいは一旦除外してます。)一巡というのは、1回通してやってみて、できなかった問題・時間がかかった問題を復習でやらせるループまでです。1回目は5割程度のできで、復習では残りの半分くらいが解ける程度で、結果、一応は約8割を自力で解いたのかな?というところ。

プラスワン問題集に関しての目標は、ほぼ全問わだかまりなく2〜3分で解けるようにすることで、このレベルを100点とすると今は60点くらいのレベル。どうやってレベルを上げていくかが夏までの課題です。一部は3回目の再復習をやらせてもみたけど、感触としてあまり進展・レベルアップも感じられず、、あまり同じ問題を繰り返して、問題を覚えてしまってもしょうがない気がしていて、なにか根本的な思考の強化やアプローチを加えたいところ。まぁ完璧100点になることは無理としても、80〜90点くらいに近づけるにも別のテコ入れが必要な気がしてます。

といっても、教材を加えるなどで全方位的な対処はしたくはないので、ここからは残り2割(自力で解けていない2割)を解くためのピンポイント強化に取り組もうと思います。問題の選択が大変ではあるけど、プラスワン問題集で残している2割の問題に対して、ステップアップ演習での類題か近い問題を探し、それをセットでやらせるということをしていきます。

今思えば、予習シリーズや応用自在をやっていたころは、こんなことを考えずに突き進むだけだったので楽なもんでした。。どちらも教材自体が例題→問題形式の構成だったので、解法を蓄積できて学習した気になってました。これから先、難問系の問題集や過去問をやらせていくときには、別の工夫で大変になりそうです。

 

サピックスの基礎トレ再開

3月の復習テスト以来、サピックスで配布されている基礎力トレーニング(我が家の通称:基礎トレ)というテキストをやらせています。基礎トレ内容は、授業の復習的な基本問題を毎日10問用意されているもの。去年はほぼ毎日やらせていて、今年は一時期やめていたのだけど、2月〜3月あたりの小テストのイージーミスが気になり始め、3月復習テストのミス連発をきっかけに再開しました。去年の反省もあり、次の2点注意しています。

・飛ばし飛ばしやる:基礎トレは緩やかに問題内容が変わっていく。1日毎ではほぼ内容が変わらず、2〜3週間くらいすると少し変わったかなぁ、くらいの緩やかさ。振られた日付の箇所をやらせていると日々問題に変化がなく、これが息子にとってタルくて、全然頭を働かさないようになっていた。なので、x月1日→x月8日→x月15日→x月22日というように、1週間飛ばしの箇所をやらせる。すぐに進んでしまうので、満点が取れなかった近辺の問題に再度戻ってやらせる。(問題内容は塾の進捗に後追いさせているみたいなので、あまり先に進めるのは得策では無さそう)

・全部はやらない:基礎トレはではノルマのように毎日の日付が振ってあるので、ついつい全部やらなきゃという気になってしまうけど、単純な繰り返し問題なので、やれない日はやらないでスルーすればいい。いや、むしろ毎日はやらず、2日に1回くらいの方が効果ありそう。

 →もし基礎トレの問題でも難しさを感じるなら、毎日やった方がいいかもしれません。うちの息子にとっては難しい問題は無いので、ミスをなくす目的で上の感じでやらせています。ミスなく10点満点を取るのは、10回に1回くらいですが。。T_T。。貯まるポイント制(罰則・得点あり)にしているけど、もはや得点を諦めて罰則逃れでやっている感もあります。。